賢くお金を借りる方法

お金が必要なときにはお金を借りる!

何か理由があって、すぐにお金が必要になった際のお金を借りる手段として、カードローンやキャッシングを利用すると言った方法があります。 他にも、自分でお金を稼ぐといった手段や方法もありますが、それが「短期間」ともなると無理がある場合もあります。

 

特に、企業に勤めているという方であれば、副業を禁止している所も多くアルバイトすら出来ない事もあります。アルバイトが出来ないとなると、その他の副業で稼がなければ行けませんが、それも時間がかかって間に合わないことも出てきます。

 

しかし、そんなときにカードローンやキャッシングを使えば、即金でお金を借りる事が出来ます。どちらも使用にあたって審査を受ける必要がありますが、キャッシングなどであれば、約1時間程度の簡単なものでそれが終わってしまいます。

 

ですのでお金を借りる必要が出てきてしまったら、そんなカードローンやキャッシングサービスを活用して行く方法もあるのです。最高で何百万円ものお金を借りられる業者もありますので、個人から企業経営者まで活用できます。

 

  おすすめ順 実質年率 融資限度額
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円
三菱東京UFJ銀行
4.6%〜14.6% 10万円〜500万円

個人でお金を借りるにはキャッシングで

皆さんは「融資」と聞くと、どのような事を思い浮かべますか。普段は聞きなれない言葉ですが、銀行や金融機関が企業に対して資金の貸し付けを行う際に、「融資する」などと使われるのが一般的です。とは言え、この「融資」は個人単位でも受けられます。

 

個人向けの融資サービスと言えば、やはりキャッシングです。消費者金融会社が提供するローンサービスの一種で、少額からお金を借りることが可能です。サービス申込みはアルバイトやパートの方でもでき、審査の基準も緩めでしかも素早く完了する、というのが魅力的です。

 

担保はもちろんのこと、保証人も必要なく申し込みの際はプライバシーが守られるようになっているので、他人に借り入れのことを知られる心配はありません。審査が緩い分、利息が通常のローンより高めに設定されていますが、キャッシングの利息は日割り計算なので、借りてすぐに返せばほとんど掛かりません。

 

借り入れはコンビニATMなどから手軽に行えます。24時間営業が基本のコンビニが全国に点在している日本では、まさに何時でも何処でも融資が受けられるという訳です。以上のようにキャッシングの利便性は非常に高いものです。いざと言う時のため、まずはキャッシングカードを作成してみてはいかがでしょうか。